ゲーミングPC選び方 レイトレーシング対応モデルをチェック

目次

レイトレーシングで選ぶゲーミングPCのスペック基準

レイトレーシングで選ぶゲーミングPCのスペック基準

必須! GPUの選び方とおすすめモデル

レイトレーシングは光の挙動をリアルタイムでシミュレートする先進的なグラフィック技術です。

この技術を支える最も重要なコンポーネントはGPU(グラフィックス処理ユニット)です。

優れたゲーミングPC選びの際には、レイトレーシング対応の強力なGPUの搭載が欠かせません。

特にNVIDIAのGeForce RTXシリーズや、AMDのRadeon RXシリーズがおすすめです。

これらのモデルでは、ディープラーニングを用いたAIアルゴリズムがリアルタイムレイトレーシングを可能にし、圧倒的な映像美を実現しています。

ゲーミングPCを選ぶときには、ゲームの求めるスペックを考慮し、推奨されるGPUモデルを確認することが大切です。

レイトレーシングに対応しているかはもちろん、FPS(フレームレート)や解像度でのパフォーマンス、ソフトウェアとの互換性、拡張性も重要な選択基準となります。

例えば、4K解像度での高フレームレートを求める場合、RTX4080以上のハイエンドモデルを考慮に入れるべきでしょう。

逆に1080pの解像度で快適に遊ぶことを目指すなら、RTX4060 TiやRX 7700 XTといったミドルレンジモデルでも十分です。

さらに、GPUの選択に際しては、メモリ容量やクロックスピードを見落とさないことが肝要です。

高いメモリ容量はテクスチャや大規模なゲームワールドの処理に役立ち、クロックスピードの速いGPUはよりスムーズなゲーム体験を提供します。

最終的な選択にあたっては、価格と性能のバランスを考慮し、自身の予算に見合った最適なゲーミングPCを見つけ出すことが大切です。

レイトレーシングに対応したゲームを存分に楽しむためには、賢いGPU選びがゲーミング体験を大きく左右するのです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36307 73251 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30192 72554 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29235 67525 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26261 66714 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23813 54989 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19996 49884 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19305 50525 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18032 45341 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17050 41946 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13508 34201 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13507 34646 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13390 34021 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12508 30022 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10864 31366 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10692 28246 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10683 27177 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7362 19389 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6294 15853 130W 公式 価格

レイトレーシングに対応するCPUの性能とは

レイトレーシングに対応するCPUの選定において、その性能はゲーム体験を大きく左右します。

レイトレーシングは、光の物理的特性をリアルにシミュレートする技術で、その計算処理は極めて複雑です。

したがって、ゲーミングPCに求められるCPUは、高いクロック速度と複数のコアを備えている必要があります。

特に重要なのは、CPUが持つスレッド数です。

複数のスレッドを同時に処理できることによって、レイトレーシングにおける膨大な計算処理を効率よく行えるようになります。

現在市場に出ている多くのゲームは、物理計算やAI処理を含め、複数のスレッドを使用して実行されるため、最低でも8コア12スレッドを持つCPUが推奨されることが多いです。

また、CPUのキャッシュメモリも重要な役割を果たします。

キャッシュメモリが大きいほど、より多くのデータを素早く処理できるため、レイトレーシングを含むグラフィックス処理において、より滑らかなパフォーマンスが期待できます。

クロック速度に関しては、各コアの処理能力を決定づける重要な要素です。

一般的に高いほど良いとされていますが、現代のゲームは複数のコアを活用するため、単純なクロック速度だけではなく、全体のアーキテクチャの効率性も考え合わせる必要があるのです。

加えて、これらの要素はバランス良く搭載されている必要もあります。

例えば、多くのコアと高いクロック速度を兼ね備えることによって、レイトレーシングのような高負荷の処理を行う際には、比類ないパフォーマンスを発揮するCPUが適していると言えるでしょう。

このような高い性能を持つCPUは、レイトレーシング対応モデルの中核となり、選ぶべきゲーミングPCをランクアップさせる鍵となるのです。

適切なCPUを選ぶことで、光と影が生き生きと動く現実味あふれるゲーム世界をたっぷりと楽しむことができると言えます。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41351 2389 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41300 2331 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41300 2331 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38757 2054 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38681 2026 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35664 2209 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35664 2209 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33907 2183 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33907 2183 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32676 2078 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32676 2078 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29382 2017 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28980 1947 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27154 2022 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24747 2079 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24747 2079 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22172 1927 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20452 1993 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19590 1915 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17808 1795 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16115 1758 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16115 1758 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15354 1959 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9114 1727 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9114 1727 公式 価格

ゲーム体験を左右するメモリ容量の目安

レイトレーシングを堪能するゲーミングPCでは、メモリ容量が快適性に直結しています。

目まぐるしく展開するゲームシーンで、映像美を損なわずにスムーズに動作させるためには、十分なメモリが必須となります。

特にレイトレーシングを活用するゲームは、従来のグラフィックスに比べて計算処理が複雑であるため、メモリの消費が激しくなります。

モダンなゲーム環境では、少なくとも16GBのRAMが推奨されています。

これにより、高解像度のテクスチャやシェーダー、物理演算などが要求する大量のデータを快適に処理でき、リアルタイムのレイトレーシング効果による映像を品質低下なく楽しむことができます。

しかし、さらに先を見越して32GBへの投資を考えるのも賢明です。

これにより多くのアプリやバックグラウンドプロセスが同時に稼働していても、パフォーマンスの落ち込みを回避できる余裕が生まれます。

総じて、メモリはシステムの呼吸のようなものです。

ゲームをプレイする際にはこの心臓部が安定していなければ、最高のゲーミング体験は遠のいてしまいます。

高品質なゲーミング体験を望むなら、メモリ容量にも目を向け、将来のゲーム環境の進化にも対応できるスペックを見極めることが肝要です。

レイトレーシングに最適化されたゲーミングPC選びには、適切なメモリ容量を選ぶことが大きな鍵を握ります。

遺憾なくそのパワーを引き出すためにも、メモリ選びには十分な注意を払いましょう。

ストレージ選びで忘れてはいけないポイント

レイトレーシングで選ぶゲーミングPCのスペック基準において、ストレージの選択はゲーム体験に大きな影響を与えます。

高速な読み書きが要求されるレイトレーシングを存分に楽しむためには、SSDの導入は必須です。

そして、SSDの中でもNVMe対応のM.2タイプを選ぶことで、SATA接続のSSDよりもはるかに高速なデータ転送速度が得られます。

ゲームのロード時間の短縮はもちろん、ゲームプレイ中に必要なデータの読み込みがスムーズに行われるようになるため、快適なゲーミング体験が実現します。

容量に関しても重要で、多くのレイトレーシング対応ゲームは高解像度のテクスチャーや複雑なシェーダーを使用しているため、相応のストレージが要求されます。

最低限512GBは欲しいところですが、将来的なゲームやアプリケーションのインストールを考慮すると、1TB以上を選択するのが賢明です。

さらに、ゲーミングPCのストレージでは、システム用とゲームインストール用に分けることで、一層のパフォーマンスの向上が見込めます。

システム用には速度が早いSSDを、大容量のゲームやデータ保存用には価格が手ごろな普通のHDDを組み合わせることが一般的ですが、レイトレーシングを最大限に活かすためには、ゲームインストール用ストレージも高速なSSDが推奨されます。

これらのポイントを踏まえて、スムーズなレイトレーシング体験を可能にするためのストレージ選びを心がけ、常に先進的な映像表現を求めるゲームエンスージアストたちに最適な環境を提供することが、最上のゲーミング体験への近道です。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

快適なプレイ環境を実現する冷却システム

快適なプレイ環境を実現する冷却システム

空冷?水冷?ゲーミングPCの冷却技術徹底解説

ゲーミングPCの冷却システムには大きく分けて「空冷」と「水冷」という二つのテクノロジーがあります。

高性能化が進むPCハードウェアは、放熱要求が厳しくなるため、これらの冷却方法の重要性は増しています。

空冷は、ヒートシンクと呼ばれる金属製のフィンにファンを用いて熱を空気で逃がす伝統的な手法です。

ファンの回転により発生したエアフローで、ヒートシンク上に蓄積された熱を効率的に外部へと排出します。

一方、水冷システムは液体を使用することで優れた冷却性能を実現します。

ポンプで循環させた冷却液が熱を吸収し、ラジエーターで熱を逃がして再びポンプへと戻ります。

このプロセスにより、静音性が高く、大量の熱も効果的に管理できるのです。

冷却システムの選択はゲーミングPCのパフォーマンスを左右するため、レイトレーシングを始めとする高負荷なグラフィック処理を快適に楽しむには、適切なシステムを選ぶことが不可欠です。

空冷システムはシンプルでコストが低いものの、限界点があります。

しかし、過酷な状況においても水冷システムはその冷却効率の高さからPC内部を安定した温度で保つことができ、オーバークロックなどの高度な設定にも対応可能です。

ですが、設置には多少の手間とメンテナンスが必要となりますので、その点を考慮して選択していただければと思います。

ゲーミングPC選びにおいて、美しいグラフィックとスムーズな操作性を実現するためにも、高性能な冷却システムを備えたモデルを選ぶことは重要です。

レイトレーシング対応モデルを選ぶ際には、この冷却技術に注目して、最高のゲーム体験を手に入れてください。

冷却性能を高めるケース選びのコツ

ゲーミングPCにおいて、快適なプレイ体験を持続させるためには、高い冷却性能を有するケース選びが欠かせません。

さらなる冷却性能を追求する際には、空気の流れを最適化する設計のケースが重要となります。

良質なケームングPCケースは、熱を発する内部コンポーネントから熱気を効率的に排出し、冷たい空気をうまく内部に導入する機能を備えていることが特徴です。

ケースの選び方のコツとして、まずフロントパネルとトップパネルのエアフローが十分確保されているかを確認します。

また、複数のファンを取り付けられるスペースがあり、さらにはそれらを自由に配置できる余地があるかも検討の対象となります。

また、ダストフィルターの存在は清掃を容易にし、長期間にわたるパフォーマンス低下を防ぎます。

さらに、ケース内部にはハードウェアの発熱に応じて調節可能なファンコントローラーがあると、システム全体の環境を最適化でき、その結果としてプレイ中の快適さが向上します。

ケースのマテリアルや構造も放熱性能に寄与し、例えばアルミニウム製のケースは軽量でありながら熱伝導率が高いため、冷却に有利です。

レイトレーシングを活用するような最先端のゲームでは特に、高負荷時における優れた冷却システムが必須となりますので、上記のポイントを踏まえたケース選びに留意することが、長時間のゲーミングセッションでも安定したパフォーマンスを実現する鍵となるでしょう。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48F

エクセプショナルミドルレベルに位置し、求める全てを兼ね備えたゲーミングPC
溢れ出るパワーと最新技術、高速32GB DDR5メモリ搭載、均整の取れたマシン
落ち着いたスチールの面持ち、ミドルタワーが映す存在感と機能美
心臓部に躍動、新世代Core i7でスムーズなマルチタスクを実現するPC

【ZEFT Z48F スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48F

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSJ
【ZEFT Z45BSJ スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AE

速度と品質を求めるあなたに、最適なゲーミングモデル!
最新ゲームも快適!16GB DDR5と2TB NVMe SSDで理想的なパフォーマンス
シンプルで洗練されたAntec P10 FLUX、静かでクールな日々の相棒
現代のスマートパフォーマンスを実現するCore i5 14400F搭載

【ZEFT Z48AE スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W
【ZEFT Z52W スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52W

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AN
【ZEFT Z52AN スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AN

安定稼動のためのマザーボードと電源ユニット選定

安定稼動のためのマザーボードと電源ユニット選定

マザーボード選びでチェックすべき機能とは

ゲーミングPC選びにおいて、マザーボードは重要な心臓部であり、拡張性や安定稼働に大きく寄与します。

重要な機能として、まず挙げられるのがPCI Express(PCIe)スロットの規格と数で、特にレイトレーシングをサポートするグラフィックスカードは高速なデータ転送を要求するため、最新のPCIe規格に理想的に合致しているか確認が求められます。

また、メモリに関するサポートも見逃せません。

十分な容量はもちろん、高性能なゲーミングPCには高速なメモリも欠かせないため、対応するメモリの種類や速度を検討する必要があります。

次に、オーバークロックの安定性もマザーボードの大きな特徴です。

オーバークロックを前提としている場合、電源回路の質や冷却機能が高品質のものを選ぶことで、安定したパフォーマンスの維持が見込めます。

さらに、ネットワーク機能はオンラインゲームを快適に楽しむためのキーポイントであり、有線はもちろん無線での接続性能も確かめるべきです。

そして、今後のアップグレードの可能性を考慮して、ストレージの拡張オプションの豊富さにも目を向けなければなりません。

例えば、M.2スロットの数やサポートするSATAポートの数が複数存在すると、追加のSSDやHDDを容易に増設でき、ストレージのパフォーマンスと容量を柔軟に強化することが可能です。

最終的に、これらの機能が融合し、ゲームのプレイに求められる高いデータ処理能力や安定したシステム運用を支えることで、レイトレーシングを堪能できる環境が整います。

マザーボード選びは決して急ぐべきではなく、将来への対応力と現在の最適化のバランスを見極めながら慎重な選定が求められるのです。

電源ユニットの容量どれくらい必要?選び方を伝授

ゲーミングPCの心臓部とも言える電源ユニットの容量選びは、安定稼動するシステムを構築する上で非常に重要です。

特にレイトレーシングを快適に楽しむためには、ハイスペックなグラフィックカードが必需品となりますが、これらのカードは多大な電力を要求します。

選択を誤れば、システムが予期せぬタイミングでシャットダウンする原因になりかねません。

電源ユニットを選ぶ際には、まず搭載するコンポーネントの総消費電力を調査しましょう。

ハイエンドなグラフィックカードには、最低でも600ワット以上の供給能力が望ましいですが、将来的なアップグレードも視野に入れると、余裕を持った800ワット以上のモデルが推奨されます。

また、電源の効率を表す80 PLUS認証にも注目しましょう。

ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、タイタニウムといったランクがあり、ランクが高いほど効率が良く、より省エネに対応することになります。

効率の良い電源を選ぶことで発熱を抑え、ファンの騒音を低減させる利点もあります。

最後に、シングルレールとマルチレールの違いに注意してください。

電流を細かくコントロールしやすいマルチレールは安全性が高いですが、一部の高性能コンポーネントではシングルレールの方が適している場合もあります。

実際のところ、どちらが適切かはビルドするシステムのスペックに左右されるため、コンポーネントとの相性をじっくりと検討することが肝心です。

しっかりとした電源ユニット選びを行うことで、不安定になりがちなゲーミングPCを安心して末永く楽しめるようになります。

高負荷でのレイトレーシングを体験するためには欠かせない選択肢、ぜひ重要視していただきたい点です。


快適なゲーム体験のための接続インターフェース

快適なゲーム体験のための接続インターフェース

USBポート数とその種類の重要性

ゲーミングPCを選ぶ際に意外と見落とされがちなのが、USBポート数とその種類です。

高いグラフィック性能を備えるPCがあっても、十分なポートが備わっていないと、最新のゲームパッド、ヘッドセット、そして外部ストレージなど、重要なゲーミングデバイスの同時使用が制限される可能性があります。

例えば、レイトレーシングに対応したゲームをフルに楽しむためには、高品質なオーディオ出力が必要不可欠です。

そのためには、各デバイスを繋ぐだけのUSBポートが前提となります。

また、ポートの種類も重要です。

USB 3.0やUSB 3.1などの高速なデータ転送を行える接続口は、外部デバイスとの高速なデータや信号のやり取りを実現します。

これにより、ゲーム中の遅延を最小限に抑えることができ、よりスムーズでリアルタイムの反応速度を要求されるシーンでも快適にプレイすることが可能です。

USB Type-Cのポートがあれば、さらに将来性が高まります。

充電速度が速いだけでなく、多くの最新機器に採用されているため、Type-Cを利用することでより多様なゲーミングギアの接続に対応することが可能です。

さらに、ディスプレイの接続にも対応しているので、マルチモニタ環境を構築したいプレイヤーにとってもメリットは大きいです。

つまり、ゲーミングPC選びで重視すべきは、成績表のようなスペック表だけでなく、実使用シナリオを想定したポートの充?さも同様に大事ということです。

確かに心躍るハイスペックモデルを選びたくなる気持ちは理解できますが、ゲームプレイの快適性を左右するポートの数と種類にも目を向けることが、後悔しない選択へと導いてくれるでしょう。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R44I

パソコンショップSEVEN ZEFT R44I

プロの選択、最新ゲーミングPC。重厚なプレイも高速かつスムーズに
ハイパフォーマンスを凝縮、16GB DDR5に1TB SSD NVMeで速度と容量のバランスも◎
静穏マスター、Antecフレームが生む洗練の佇まい。サイズ感とデザインの融合
Ryzen 9 7900X搭載、プロフェッショナル級CPUが切り拓く処理速度の新境地

【ZEFT R44I スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R44I

パソコンショップSEVEN ZEFT R53CC

パソコンショップSEVEN ZEFT R53CC

高性能でスリム、エフォートレスグレードのゲーミングPC
最新のゲームも快適に楽しむ、バランス抜群のスペックマシン
コンパクトで清潔感あふれるデザイン、省スペースながら存在感のあるモデル
頂点を極めるRyzen 7パワー、マルチタスクも余裕のPC

【ZEFT R53CC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53CC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYC
【ZEFT Z47BYC スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYC

パソコンショップSEVEN ZEFT R52L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52L-Cube

洗線されたミドルレンジの実力派、これが新しいゲーミングPC
高速32GBメモリ、2TBの広大なSSDに均整の取れたパワーを凝縮
コンパクトだけどスタイリッシュ、省スペース設計でどんな場所もオフィスに
Ryzen5 7600搭載、驚異のマルチタスク性能を体験

【ZEFT R52L-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47C

エンタメからビジネスまで幅広くカバーするミドルレンジゲーミングPC
16GBメモリとGeForce RTX 4060Ti搭載で均整の取れた高性能スペック
透明サイドパネルが魅せるミドルタワー、洗練されたデザインで空間に映える
快適性とパワーを両立するCore i3-14100、最新技術で日々をサポート

【ZEFT Z47C スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47C

モニター接続端子の種類と選び方

快適なゲーム体験を実現するためには、ゲーミングPCとモニター間の接続が非常に重要です。

特にレイトレーシングに対応したゲームでは、光の反射や屈折をリアルタイムで美しく再現することが求められるため、高解像度や高リフレッシュレートを支える強固なインターフェースが必要不可欠となります。

モニター接続端子としては、HDMIやDisplayPortが主流であり、これらを選択する際には注意を払うべき点があります。

HDMI端子は広く普及しており、安定した映像と音声の伝送が可能ですが、最新バージョンのものであることを確認することが大切です。

HDMI 2.1は、4K解像度で120Hzや8K解像度で60Hzのリフレッシュレートに対応しています。

これにより、滑らかで鮮明なゲーム画面を楽しむことができます。

一方で、DisplayPortはゲーマーにとって更に魅力的な選択肢です。

特にDisplayPort 1.4などの新しいバージョンは、高帯域幅により4K解像度で240Hzや8K解像度で60Hz以上を実現し、HDRコンテンツもサポートしています。

これによって、より速いフレームレートと優れた画質で、究極のゲーム環境を整えることが可能です。

しかし、端子の種類だけでなく、ゲームの種類やプレイスタイルに合わせた選び方も重要です。

例えば、競技性が高く反応速度が求められるFPSゲームでは、より高いリフレッシュレートを持つモニターと接続できるDisplayPortが望ましいでしょう。

また、緻密なグラフィックを楽しむRPGにおいては、4K解像度を生かせるHDMI 2.1も良い選択です。

エンターテイメントとしての質を追求するゲーミングPC選びにおいて、適切な接続端子の知識はゲーム体験を格段に向上させるため、ぜひとも覚えておくべきポイントです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

プロゲーマーも推奨! 高リフレッシュレート対応モデル

プロゲーマーも推奨! 高リフレッシュレート対応モデル

リフレッシュレートが高いモデルで得られるメリット

リフレッシュレートが高いモデルに目を向けたとき、ゲームの世界がさらに生き生きと表現されることが分かります。

特にプロゲーマーやコアなゲーム愛好家たちが求める滑らかで継ぎ目のない映像体験は、高いリフレッシュレートによって可能にされます。

例えば、リフレッシュレートが144Hzを超えるディスプレイを搭載したゲーミングPCでは、一秒間に144回以上画面が更新されるため、動きが速いシーンでも細かなディテールまでクリアに捉えることができます。

また、リフレッシュレートの高さは、反応速度が勝敗を左右するゲームにおいて、敵の動きを素早く察知し、タイミングよく攻撃を仕掛けるなどの戦術面において大きなアドバンテージをもたらします。

画面のチラつきや残像が少ないことで、長時間のゲームプレイでも目の疲れを軽減し、集中力を維持する助けとなるのです。

さらには、高リフレッシュレートのディスプレイは、ゲームだけでなく動画視聴やウェブブラウジングといった日常の使用でも自然な動きを実現し、全体的なPC体験の質を向上させる魅力があります。

ゲーミングPCを選ぶ際には、リフレッシュレートに注目することが、より快適で競争力のあるゲーミング環境を手に入れるための重要なキーとなります。

高リフレッシュレート対応モデルであればあるほど、究極のゲーム体験が手に入るわけですから、選択に際しては特に注意深くスペックをチェックすることが勧められます。

ゲームタイトルごとの最適スペックを見極める

ゲームタイトルごとの最適スペックを見極める

オンラインゲームにおすすめのゲーミングPC仕様

オンラインゲームを快適に楽しむためのゲーミングPC選びは、数多くの要素がありますが、特に重要なのが処理速度と安定した接続です。

例えば、MOBAやMMORPGのようなジャンルでは、膨大なプレイヤーデータの処理や、リアルタイムでの操作反応が求められます。

そのため、高速なマルチコアプロセッサ、十分なRAM容量はもちろん、低遅延でパフォーマンスの高いSSDの選択が求められます。

更に、敵の位置を直感的に理解できる高解像度のグラフィックカードも、勝敗に直結する重要な要素であり、特にNVIDIAやAMDの最新チップはゲームの臨場感だけでなく、反応速度を高める上でも優れています。

さらに、オンラインでプレイする際には安定したインターネット接続が不可欠ですので、イーサネットポートまたは高速な無線LANアダプターへの対応があれば、接続トラブルによるストレスから解放されます。

また、ゲームの世界観を楽しむためにも、先進的なオーディオシステムを備えたゲーミングPCを選ぶことは忘れてはならないポイントです。

適切なオーディオ機能は、プレイヤーが没入感を増し、よりゲームを楽しむためには不可欠です。

以上のことから、オンラインゲームはただ単にグラフィックレンダリング能力だけでなく、速度、安定性、そして没入するためのオーディオ環境をトータルで備えたシステムが求められるのです。

ゲーミングPCを選ぶ際には、自分がプレイするゲームタイトルやジャンルに合わせたスペックを見極め、快適なオンラインゲームライフを満喫していただきたいと思います。

ゲーミングPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CH

ゲーマーを魅了する、究極のマスタークラフト級パフォーマンスマシン!
スリーツースGB DDR5メモリで、余裕のあるスペックが輝くバランスの良いパフォーマンス
クリアパネルで光る、Fractalの洗練されたデザイン性が光る、見る者を圧倒するモデル
Core i9 14900Fがふんだんに生み出す、計算力の秘密を解き放つ!

【ZEFT Z47CH スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CH

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DE

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DE

パフォーマンスとデザインが融合した、シックなエクセプショナルミドルのゲーミングPC!
32GB DDR5メモリと1TB SSDで、高速処理と大容量を誇るスペックのバランスが魅力
クリアなサイドパネルが内部の技術を際立たせる、Corsairの洗練されたミドルタワーマシン
最新のRyzen5 7600 CPUにより、コアパフォーマンスをギリギリまで引き上げる

【ZEFT R56DE スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

高性能と実用性を兼ね備えたハイバリュースタンダードゲーミングPC、プレイを次のレベルへ
均整のとれたパワーハウス、確かな安心感と共にスムーズなゲーム体験をお届け
スタイリッシュな見た目と便利さを誇るミドルタワーケース、空間にエレガントな一台
快速Core i7でタスクを一掃、ハイスペックCPUで留まる場所なし

【ZEFT Z47BJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

ゲーム好きに捧げる、鮮烈なパフォーマンスのハイエンドゲーミングPC!
圧倒的な速度とパワー、16GBメモリと1TB SSDの黄金バランススペック!
透明サイドパネルから見える光彩、スタイルを際立たせるミドルタワーケース!
快速マルチタスクを実現する、Core i7 14700Fの力強い心臓部!

【ZEFT Z47AM スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AM

ソロプレイ専用?VR対応?ゲーム毎に異なるPC特性

ゲーム毎に求められるスペックが大きく異なるため、ゲーミングPC選びでは個々のタイトルに適した特性を把握することが重要です。

ソロプレイを主体とするタイトルであれば、高い処理能力を備えたCPUや、充実したグラフィックスを実現するGPUが必要不可欠です。

ここで注目すべきはレイトレーシング対応モデルで、現実に近い光の描写を可能にし、没入感をさらに高めます。

一方、VR(仮想現実)対応ゲームをプレイする際には、さらなる高性能が求められます。

低遅延で高解像度の映像を快適に楽しむためには、強力なグラフィックスカードだけでなく、速度の速いSSD、十分なメモリ容量も不可欠です。

レイトレーシングによるリアルな光の表現はVRにおいても魅力的であり、リアルタイムでの計算が重要となるため、最新の技術を取り入れたモデルが理想的です。

選択するゲーミングPCが、これらの技術を完璧にサポートしているかどうかが、ゲーム体験の質を決定づける要素となります。

ゲームによって異なるPC特性を的確に把握し、自分のプレイスタイルに合った最適な機種を選び出すことで、ゲームの世界を存分に楽しむことができます。

必ずしも最高のスペックが必要なわけではないので、プレイするゲームタイトルとその要求スペックを照らし合わせ、最適な選択をすることが肝心です。

ゲーミングPCで実現するクリエイター作業の効率化

ゲーミングPCで実現するクリエイター作業の効率化

動画編集、3Dモデリングに求められる性能

ゲーミングPCはエンターテイメントを追求するだけでなく、動画編集や3Dモデリングといったクリエイティブな作業にも力を発揮します。

これらの作業では高い解像度や複雑なエフェクト、リアルタイムのレンダリングが要求されるため、強力なプロセッサと高速なグラフィックカードが不可欠です。

レイトレーシング対応モデルは、その先端技術を生かしてリアルな光の反射や陰影を再現し、視覚的なリアリズムを追及するクリエイターの強い味方となります。

具体的には、多くのコアと高いスレッド数を持つCPUが複数のタスクを同時に効率的に処理できるようにします。

また、メモリは大容量であるほど、より多くのデータを一時的に保存し、高速アクセスすることが可能になるため、作業効率が向上します。

動画編集では特に、4Kや8Kといった高解像度対応が重要とされ、これをスムーズに扱うには相応のメモリが必要です。

さらに、ストレージはSSDを選択することで読み書き速度が大幅にアップし、プロジェクトファイルや素材のロード時間を短縮できます。

3Dモデリングの場面では、レイトレーシング技術がリアルタイムでのビジュアルフィードバックを大いに強化し、設計からレンダリングまでのワークフローを滑らかにします。

このようにゲーミングPCはただゲームを楽しむだけでなく、クリエイティブ作業の生産性を高めるための強力なツールとしてもその性能を発揮します。

適切かつ最新の仕様を備えたゲーミングPCは、クリエイターにとって必須の存在と言えるでしょう。

生成AIに適したゲーミングPC構成を紹介

生成AIと組み合わされたゲーミングPCは、画像や音声、テキストの生成といった要求の厳しい作業をスムーズに行うための強力なツールです。

たとえば、高度なAIモデリングに必要な計算処理能力を持続して提供できる強力なCPU、例えば最新世代のRyzenやIntel Coreシリーズが望ましいでしょう。

また、AI演算の速度を大きく左右するのがGPUの性能です。

NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズのように、レイトレーシングに対応したモデルが必要不可欠です。

さらに、大量のデータを一時的に保持するためには、広大なRAMと高速アクセスを可能にするNVMe SSDが推奨されます。

これにより、生成AIによるリアルタイムのコンテンツ作成や編集作業は、ひとたび遅延なく行うことが実現します。

コンテンツのレンダリング時間を劇的に短縮することで、クリエイターは創造性を余すところなく発揮できるようになります。

加えて、多くの生成AIプラットフォームはAIモジュールを最大限に利用するために、ハードウェアの最適化が求められます。

例えば、テンソルコアやレイトレーシングコアを駆使することにより、AIが映像や3Dオブジェクトの理解を深めるのに役立ちます。

このような高スペックなゲーミングPCは、複雑な機械学習アルゴリズムを扱う際にもその性能を発揮し、クリエイティブな作業を新たな次元へと引き上げるのです。

膨大な処理能力を必要とする生成AIを応用するクリエイターにとって、最適なゲーミングPC選びは、ただの生産性向上を超え、表現力の拡大とも直結しています。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


周辺機器も重要! ゲーミング環境を最適化

周辺機器も重要! ゲーミング環境を最適化

ゲーミングモニターの選び方とポイント

ゲーミングモニター選びでは、その性能がダイレクトにゲーム体験に影響を与えるため、見落とすわけにはいきません。

まず、リフレッシュレートが高いモニターを選ぶことで、滑らかな映像を実現し、激しい動きが多いゲームでもクリアな映像を保ちます。

144Hz以上のモニターが適しており、特に競技性を重視する方には240Hzの選択も考慮に値します。

レスポンスタイムの速さも重要な要素であり、これは画像の切り替わりのスピードを意味します。

1msのレスポンスタイムはゲーマーにとって望ましい数値で、ここを妥協するとゴースト現象やブレが生じるリスクを高めます。

解像度に関しては、フルHD(1920×1080)が標準的ですが、より鮮明な画像を求めるならば、WQHD(2560×1440)や4K(3840×2160)が望ましい選択肢となります。

ただし、より高い解像度を選ぶ場合はそれに応じた高性能なグラフィックカードが必要となりますので、全体のバランスを見極めることが肝心です。

色再現性に優れたIPSパネルや高コントラストが魅力のVAパネル、高速応答が特徴のTNパネルなど、パネルタイプによる強みと弱みを理解し、ゲームプレイのスタイルに合わせた選択をすることが重要です。

こうした細かな点に気を配ることで、ゲーミング体験は大きく変わるため、買い替えの際には慎重に選び抜くことが賢明だといえるでしょう。

キーボードやマウスで差がつく操作性

ゲーミングPC選択の際に、心を奪われがちなのがその性能ですが、快適なプレイ体験にはキーボードやマウスのような周辺機器も欠かせません。

操作性に差がつくマウスは、dpi(ドット・パー・インチ)という解像度に注目してほしいです。

ゲームにおける精確なエイムを実現するため、高dpiに対応したモデルを選び、自分の快適な反応速度を見つけることが重要です。

また、キーボードは打鍵感が大きな影響を与えます。

機械式キーボードでは、キースイッチの種類によって打鍵の感触や音が変わるため、ゲームのジャンルや自分の好みに合ったものを選定することで、長時間のプレイでも疲れ知らずの操作が可能となります。

快適なゲーミング環境を追求する上で、視覚だけでなく手触りや操作感も非常に重要な要素です。

さらに、ゲーミングチェアやヘッドセットなども体全体でゲームを楽しむためには見逃せないアイテム。

自分のスタイルに合わせ、最適なゲーミング周辺機器を選ぶことが、快適で臨場感溢れるゲーム体験へと繋がるのです。

高性能なゲーミングPCとの相性も考慮し、どんなゲームにも対応できる自分だけの環境を整えましょう。

そうすれば、ゲーム世界に没入する時間が一層充実したものとなるでしょう。

ゲーミングPC購入前に知っておくべき納期情報

ゲーミングPC購入前に知っておくべき納期情報

メーカー別、納期の違いとは

ゲーミングPCの納期はメーカーによって大きく異なるという具体性のある事実に立脚して、一つ一つの違いを洞察することは購入を考える上で重要です。

大手メーカーでは、既製品の場合、数日から数週間での納品が一般的ですが、カスタムモデルの注文になると、パーツの在庫状況に左右されることから、数週間以上待つことも覚悟する必要があります。

一方、中小企業や専門のゲーミングPCブランドでは、顧客一人ひとりの要求に細かく応じるカスタマイズを売りにしており、パーソナリゼーションの度合いが高いほど、納期も長くなりがちです。

また、特定の時期、例えばホリデーシーズンや新学期の始まりなどでは、注文が集中するため、通常時よりも納期が延長するケースが多いです。

さらには、世界的なチップ不足や交通機関の乱れなど外部環境の変化が直接納期に影響を及ぼすこともあり得るため、早め早めの注文計画が肝心です。

納期情報はゲーミングPC選びにおける重要な要素の一つであり、購入希望のモデルがレイトレーシングに対応しているか否かにかかわらず、細心の注意を払って確認することが求められます。

急なゲームイベント参加や大会出場でギリギリの注文となると、理想のスペックを持つパソコンを手に入れることが難しくなるため、ゲーマーにとって納期は逃してはならないポイントといえるでしょう。

コストパフォーマンスも考慮! 予算に応じた選び方

コストパフォーマンスも考慮! 予算に応じた選び方

ゲーミングPCの価格帯とスペックの関連性

ゲーミングPCの価格帯とスペックの関連性を把握することは、予算を超えずに最良のパフォーマンスを得るための鍵となります。

一流のゲーミングPCに求められる要素には、高速なプロセッサ、充実したメモリ、強力なグラフィックカードなどがありますが、これらは価格帯によって異なるレベルの性能を持っています。

低価格帯のモデルでは、基本的なゲームプレイは可能ですが、高解像度やレイトレーシングといった最新技術を存分に活用したいなら、中~高価格帯のPCが適しています。

特にレイトレーシングを快適に楽しむには、NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRX 7000シリーズなどの最新グラフィックカードが必要不可欠です。

これらのカードは、光の挙動を現実世界に近い形で再現することができ、ゲームの没入感を飛躍的に高めます。

さらに、高品質なゲーム体験を保証するためには、プロセッサのスレッド数やクロック速度、メモリの大きさ、ストレージの速度と容量にも注目が必要です。

例えば、多くの現代ゲームは、高速なSSDを利用することでロード時間の短縮に寄与しますが、これは価格帯が高くなるほど搭載される傾向にあります。

最終的に、バランスが重要であり、単体のパーツだけでなく、それらが組み合わさって全体としてのパフォーマンスを引き出す設計になっているかを見極める目も肝心です。

それにより予算内で最適な選択が可能となり、ゲームプレイをフルに楽しむための発展的な投資につながります。

ゲーム配信や実況に最適なゲーミングPCの条件

ゲーム配信や実況に最適なゲーミングPCの条件

配信用途に求められる性能とは

配信用途に求められる性能というのは、単に高解像度のゲームをスムーズに動かすだけでなく、ゲームプレイを快適に視聴者に届けるための処理能力も必要とされます。

特に、ライブストリーミング時には、ゲームと同時にウェブカメラやマイクからの入力を処理し、エンコードしてアップロードする多大なリソースが求められます。

これらを快適にこなすためには、強力なマルチコアプロセッサーと十分なメモリが重要となります。

また、ゲーム配信では、高品質の映像をストリーミングする場合、上位クラスのグラフィックスカードが欠かせないでしょう。

特にレイトレーシングを活用したゲームを配信する場合、レイトレーシングに対応したグラフィックスカードを選ぶことが必要になります。

配信ソフトウェアもまた、リソースを消費しますので、これを考慮した上でのCPUとGPUの選定が必須です。

ストレージに関しても高速なSSDの採用はゲームのロード時間を短縮し、配信の中断を防ぐ助けとなります。

さらには、高速なインターネット接続や適切なストリーミング設定も配信の品質を左右するため、選ばれるゲーミングPCはこれらのインフラにも適応できる機能・拡張性を持っていることが望ましいです。

これらを踏まえた上で、ゲーミングPCを選ぶ際には、ゲームをプレイするだけでなく、配信に必要な様々な処理を一度に行うことができる十分なパワーと拡張性を備えているかがポイントとなります。

自分がどのような配信を目指すかに合わせて、適切な構成のゲーミングPCを選択することが、スムーズでプロフェッショナルなゲーム配信への第一歩です。

ゲーミングPCの疑問を解消! よくある質問への回答集

ゲーミングPCの疑問を解消! よくある質問への回答集

NVIDIAかRADEONか?グラフィックカードメーカーの違い

ゲーミングPC選びにおいて、まず直面するのがグラフィックカードの選択肢となるNVIDIAとRADEONの違いです。

NVIDIAのグラフィックカード、特にGeForceシリーズは、レイトレーシング技術で注目を集め、現実に近い光の反射や透過を再現することができます。

一方、RADEONを搭載するAMDのRadeonシリーズも大きな進化を遂げ、コストパフォーマンスと発熱・電力効率のバランスに優れている点が魅力的です。

ゲームの種類や利用環境に適したグラフィックカードを選ぶことで、快適なプレイが実現します。

例えば、高度なレイトレーシング技術やDLSSを利用してゲームのリアリズムを追求する場合、NVIDIAの最新チップセットが搭載されたモデルがおすすめです。

逆に、予算を抑えつつも高いパフォーマンスを求める場合は、RADEONのカードが搭載されたモデルが適しているといえます。

さらに、ドライバの更新頻度や対応ソフトウェアのエコシステムも考慮すると良いでしょう。

NVIDIAはGeForce Experienceを通じて最適なゲーム設定の提案やドライバの自動更新を行い、滑らかなゲーム体験を支援します。

RADEONでもRadeon Softwareが提供され、直感的な設定変更やパフォーマンス最適化が可能です。

最終的には、用途に応じたスペックと予算を見極めながら、レイトレーシングや最新ゲームへの対応など、各メーカーの強みを生かしたゲーミングPC選びを進めることが大切です。

プレイヤーのゲーム環境に最適な運命のグラフィックカードが、充実したゲーミングライフを実現させる鍵となるでしょう。

IntelとAMD、ゲーミング用途での選択肢

ゲーミングPCというのは、パフォーマンスのベースを支えるプロセッサーに注目する必要がありますが、この分野で今もっとも推奨されているのがIntelとAMDの二大巨頭です。

ゲームプレイにおいては、軽快な反応速度と豊かな映像表現が求められるため、これらのプロセッサーの特性を理解し選択することが重要になっています。

Intelには高い1コアあたりの性能を誇るプロセッサーが揃っており、特にシングルスレッドのパフォーマンスが重要な要素を占めるゲームではその力を存分に発揮します。

また、オーバークロックにも対応しているため、カスタム性の高いセットアップが可能です。

一方AMDは、マルチコアに優れるプロセッサーを展開しており、複数のプロセスを同時に処理することが求められるゲームや、マルチタスキングが必要なシナリオではその真価を発揮します。

さらにコストパフォーマンスに優れたモデルが多いため、性能と予算のバランスを取りながら最適な選択をすることができます。

もちろん、ゲーミング用途での選択には、その他にもメモリやグラフィックカード、ストレージといった要素が絡み合うため、単純なプロセッサーの性能だけで判断することはできません。

しかし、レイトレーシング対応モデルを見据えた場合、特にGPUと連携して最大限のパフォーマンスを発揮するCPUを選ぶことが肝心です。

IntelとAMD、それぞれが提供する最新テクノロジーに目を配り、ゲームが要求する環境にフィットするプロセッサー選びを行いましょう。

そうすることで、スムーズかつ鮮やかなゲーミング体験が得られるはずです。


あわせて読みたい

未来を見据えたおすすめBTOゲーミングPC 長期間安心の選択肢

BTOのススメ

パソコン選び方のコツとトレンドを押さえたおすすめ商品

ゲーミングPCエックス

システムエンジニア向けパソコンの究極選択 性能VS予算

BTOパソコン リサーチ

AIイラスト生成の限界に挑戦! トップレベルおすすめPCの実力

BTOパソコンSSR

次世代のアート制作に! AI画像生成用おすすめPC選定法

BTOのススメ

おすすめパソコン創選ガイド 使用目的別選び方のノウハウ

ゲーミングPCエックス

ライブ配信品質を高める! PC選びのおすすめポイント

BTOパソコン リサーチ

性能と価格の勝者! おすすめBTOゲーミングPCの選び方

ゲーミングBTOパソコン総研

パワーユーザー必見! 最強おすすめゲーミングPC14選

BTOパソコンSSR

動画編集のパフォーマンスを飛躍させる! おすすめクリエイターPC特集

ゲーミングPCエックス

おすすめの仕事用パソコン タイプ別完全ガイド

BTOのススメ

ゲーム好きのためのトップパフォーマンス! おすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPCエックス

RTX4080 SUPERで変わるゲーム体験 おすすめゲーミングPCカタログ

BTOパソコンSSR

フルカスタムで最高性能! BTOパソコン注文前のチェックリスト

BTOパソコン リサーチ

動画編集のプロが語る! おすすめBTOパソコンで快適作業

ゲーミングBTOパソコン総研

究極のデスクトップゲーミングPCを求めて おすすめ機種の選定ポイント

BTOパソコンSSR

ゲームに最適なおすすめPC選び ゲーム用パソコンの初心者から上級者まで

BTOのススメ

グラフィックス重視! おすすめBTOゲーミングPCの究極選択

ゲーミングPCエックス

ゲームPCのスペック革命! あなたの選び方をアップデート

BTOパソコン リサーチ

クリエイターPC最強ガイド おすすめの選び方

BTOパソコンSSR

BTOで理想のセットアップ! おすすめカスタムパソコンガイド

ゲーミングBTOパソコン総研

最速! おすすめBTOゲーミングPCでゲーム環境を格上げ

BTOのススメ

学生からプロまで! 全分野カバーのおすすめCore i7 PC

BTOパソコン リサーチ

投資する価値あり! DTM専門家が推奨する音楽制作PCおすすめ一覧

ゲーミングPCエックス

RTX4070Ti SUPERで実現する おすすめ最新ゲーミングPC体験

BTOのススメ

3DアニメーターのためのPC選び 効率を最大化するスペックガイド

BTOパソコン リサーチ

最適解発見! パソコンカスタマイズ&注文プランニング完全版

BTOパソコンSSR

AIイラストビジネスを加速する! 効率的なおすすめPC選び方指南

ゲーミングPCエックス

大学生向けパソコントレンド2024 最新技術を備えた学生向けモデルレビュー

BTOパソコンSSR

映像制作プロフェッショナル推薦! ハイエンドパソコンの選び方

BTOのススメ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次